成人病対策はとにかく規則正しい生活と摂生生活

成人病は、現代病です。便利な世の中で、動かなくなった人間は食べる量を変えることはないのです。動かないのに食べるわけですから、高血圧や脂肪肝や糖尿病、そして脳卒中になる確率が高くなってしまいます。しかも不規則な生活があります。

 

夜遅くまで起きていることが多く、それでいて朝早く起きて仕事に行くこともあります。不規則な生活に乱れた食生活が合わされば、当然、体の調子が悪くなります。脳卒中や心臓病は自分でも危険だと自覚できるので改善しようと意識できるのですが、厄介なのが高血圧、脂肪肝、糖尿病などです。

 

数値では悪化していても、症状がほとんど出ないこともあり、なかなか改善しようとしない人が多いのが現状です。糖尿病になると、もう2度と治らないわけですし、酷くなると合併症も出て来て、日常生活も出来なくなります。こうなると人生も思い通りにいかないです。健康でこそ人生を楽しむことが出来ます。まず、成人病対策には何よりも規則正しい生活と摂生です。

 

成人病のチェックで今一度生活をみなおすこと

人間ドッグで成人病のにならないための基礎的な生活習慣をチェックします。年に一度の人間ドッグで、ついダラっとしがちな日々の生活を見なおす良い機会かと思います。

 

成人病は乱れた生活が一番の原因といわれています。生活習慣病ともいいます。成人病予防をすることで、大きな病気が防げる可能性があるということもきちんと把握して、自分の生活態度を年齢とともに考えなしていくというのは大事だと思います。確実にみんな毎日年をとっているので、いつまでも同じ生活では成り立たないと思います。人間ドッグでの成人病チェックはその意識づけとなるので、年に一回の良い機会です。

 

他にはストレスを溜めないようにすることも大事だと思います。日本人は我慢強い民族なので、何事においてもつい精神的にも無理をしがちだとおもいます。人間ドックで成人病チェックが必須となったように、企業で労働者が勤務時間をキチンと守って無駄な残業はしないということも必須となるといいのかなと思います。

 

健康的な体を維持するには何が必要か

成人病は予備軍を含めると日本人の半数以上がかかっている病気だと思います。成人病にならないようにするには何が大切なのでしょう。やはり食生活だと思います。最近、日本人の食事の欧米かしてきているようで、脂ものや乳製品など脂肪を多く含む物を好む傾向にあると思います。

 

若い頃からそういう食事ばかりしていると、余計な脂分が蓄積されて、血管がつまりやすくなったりして、動脈硬化などを起こすようになってしまうのだと思います。成人病にならないためには血液をさらさらにしておくことが大切だと思います。

 

だから脂ものを食べ過ぎたなと思ったら、たまねぎをたべたり、特保のお茶をのんだりして、脂を少しでも排出する努力をしなければなりません。そういった毎日のほんの少しの工夫が将来の成人病リスクを少なくするのではないかと考えます。そしてできることなら粗食や和食を食べる事が健康にはなによりもいいことだと考えます。たまに脂ものほぼ毎日和食をたべていれば将来は安泰です。

 

成人病を予防する為に必要な事は

私は成人病予防に必要な事は食生活だけでなく運動も大きく関わってくる事だと思います。いくら食生活に気をつけていても適度な運動をしなければ内蔵脂肪が増えてしまいます。毎日少しでもいいから運動する事を心がけて行くと、将来成人病に成る確率がだいぶ低くなると思います。

 

運動言ってもいろいろありますが、一番長続きして効果がありそうなのがウオーキングではないでしょうか。これはだれでも出来る事です。水中を歩くとより効果的な感じがしますが実際なかなか通うのは大変です。なので散歩が一番無難だと思います。そして歩く事で今まで見えなかった景色を見る事が出来ます。普段走ったり、車で通りかかるだけでは分からない小さな発見ができるはずです。

 

それがリラックスにもつながり、健康につながる事だと思います。年配の夫婦などでよく一緒にウオーキングしている人をみかけますが、とてもすばらしい事だと思います。私も年を取ったら仲良く一緒にウオーキングできるような年の取り方をしたいなと思います。また、もちろん運動だけでなくカロリー制限も必要です。それでも不安な方はナイシトールのような漢方薬を摂取してみると良いでしょう。適度な運動と食事のコントロールが病から守るのです。

皮下・内臓脂肪がついてしまうパターンについて

出産してついた皮下脂肪

一歳の息子を持つ専業主婦です。先日、家事と育児と忙しく元気に過ごしていましたが、右手がしびれていることに気づき、怖くなって病院を受診。血液検査をしたところ…しびれの原因はただの腱鞘炎でしたが、中性脂肪が出産前の10倍に!!!肝臓も脂肪肝一歩手前とのこと。

 

ドクターから内臓脂肪を減らすよう、食事と適度な運動を心がけるよう指摘されショックを受けて帰宅しました。完全母乳で育児してきたため、どれだけ食べてもおなかがすくのをいいことに暴飲暴食してきたツケが回ってきました。まず、食事で気をつけたのは白米を控えめにすること、夕食の時間を早くする、夕食が終わったら水分以外口にしない。そして適度な運動は、息子を連れてなるべく毎日散歩する、お家の中でもストレッチなど気づいたらする。

 

ただこれだけことを徹底して一ヶ月。再度血液検査をしてもらったところ、まだ数値は高めでありましたが、中性脂肪の数値は半分以下に下がっており、一安心しました。油断は本当にいけませんね。肝に銘じてこれからも生活して行こうと思っています。

 

子供を産んだら要注意!

三年前に子供を産んだのですが…産んでから授乳を二時間おきにしたり寝不足になりながら子供の世話をしていると何だか栄養が足りない気がして、ついつい夜食を食べてしまいました。夜食を控えようかな〜と考えていたら母や義母が「栄養つけなさい!」と色々と差し入れをしてくれました…せっかく二人の母が持ってきてくれた差し入れを無下に捨てる事も出来ず、しっかりと食べていました。

 

すると一年後には体重がすっかり増えてしまいベスト体重から15キロも太ってしまい、市で行う健康診断で、お医者様に「内臓脂肪が凄いね…メタボだよ少し痩せなさい」と言われてしまいました…健康診断で分かる他の数値は正常で何も引っ掛からなかったのですが、体重だけが引っ掛かってしまいました。

 

そこから私は体重を落とす為にジュースを飲むのをやめて、お茶を特に緑茶を飲むようにして子供と一緒のお散歩で歩き方を工夫して有酸素運動をして、夜食は一切やめました。母達にも、その旨を伝えて差し入れを控えてもらう事に。そのかいあってか半年かかりましたが4キロゆるゆると痩せれました。内臓脂肪の数値も少し減ったので、これを続けてベスト体重に戻したいです。

 

恐れていた健康診断の結果が出ました

4月に行った健康診断の結果が来ました、心配していた通りコレステロール数値がぐーんと高くなっていてビックリです。昨年はこの時期特別ダイエットをしたわけでもないのに何時もより3キロくらい体重が減っていました、その為かコレステロール値が下がっていました。

 

今年は逆に3〜4キロ体重が増えていたのでマズイなあと思っていたらやっぱり増えていました、かかりつけの病院で結果を見てもらった「これは駄目だよ、このままだと薬を飲むことになりますよと言われ次の来院までに体重を落とすように」とキツーク言われました。その日からウオーキングを始め食事もちょっと気にしながら頑張ってはいますがやっぱり歳のせいか中々体重は落ちません、コレステロールの他に内蔵脂肪も多くなんとか頑張らねば。

 

運動はもともと苦手だあまり体を動かす事が無いのですが今は少しでも体を動かし、ごはんの量も半分にしてなんとか体重を落とそうといているが中々減りません、でも最近体のサイズがすこーしづつ減って来ました、健康の為にももう少し頑張ってみます。

脂肪を減らすために必要なことについて

楽しみながら体脂肪を減らいています

50代前半の男性です、油断をするとすぐにお腹周りに脂肪が付いてしまう事と長年にわたって戦っています、身長は175cmで体重は普段は70キロですが、アルコールが好きなのと食欲も若い頃とあまり変わっておらず、つい飲みすぎて食べ過ぎていつの間にか体重が増加しております。

 

最大で78キロまで太ったのが最高ですが、近年は73キロを超えると体脂肪の対策をするようにしています。最近はウォーキングをするのですがやはりやり始めるまでは腰が重いのですが、やりはじめるとスイッチが入りウォーキングが楽しくなってきます。

 

家の周りを歩くのですが、普段は絶対に通ることの無い細い道や車では通らない道を見ながら歩くのは意外と楽しいです、公園の中も歩きます花を眺めながら季節を感じているとストレス解消にもなります、実測をしたのですが1分で100メートル進むので時間を距離に換算してエクセルで記録を付けています、距離がだんだん加算されていくのも楽しくなります。こんなふうに楽しみながら脂肪の対策をしています。

 

ヨガで皮下脂肪撃退

私は30代の主婦ですが、最近皮下脂肪や内臓脂肪が気になり始めました。そこで始めたのがヨガです。ヨガを知ったきっかけは、ファッション雑誌のインタビューで、私の憧れているモデルさんが、産後ヨガで体型を戻したということを話されていたのがきっかけでした。

 

確かにヨガをやっている人達は、とても健康的で引き締まった体型をしている人が多いなと感じていました。食生活にも気を配り、人生をとても楽しんでいて、私もそんな生き方がしたいと思いました。ヨガをするには、体が柔らかくないと出来ないと思い込んでいましたが、そんなことは無く、無理のない範囲で膝を曲げたり、ブロックでサポートしたりも出来るので、初心者で体の硬い私でも出来るんだと安心しました。

 

ヨガは呼吸深くゆっくり行うことで、体を整えるだけでなく、精神も安定するので、暴飲暴食を全くしなくなりましたし、柔軟性も日々アップして、ストレッチをすることが本当に気持ちが良いなと感じるようになりました。様々なポーズを流れるように行うことで、体のコアが鍛えられバランス感覚も養うことができ、意識が変わって体型もかなり変化しました。

 

皮下脂肪は目に見えて減ったなと分かります。運動と野菜中心の食事、常に自分の心の声に耳を傾けて、これからも引き締まった理想の体型でいられるようにヨガを続けていこうと思っています。

 

更年期の心の健康について

50代前後になると、更年期障害に悩む女性が増えます。女性ホルモンエストロゲンの分泌が少なくなることが原因ですが、精神的なことも大きいようです。この時期に子育てが終わる女性が多いです。まじめに子育てをがんばってきた方ほど、心の支えを失ったような気持ちになります。

 

しかし趣味を持っている女性は健康的です。フィットネスクラブでも痩せる目的だけじゃなくて、心の健康のために運動している方もいます。誰かと同じ目標をもって過ごすには精神的にプラスになります。運動が苦手な方はほかのことでもいいのですが、同じような仲間と話しながらやるのがベストです。

 

失敗してもうまくできなくてもいいのです。話すことによって生活にはりが出てきます。コーチや先生にほめられるのも楽しいです。いままでの自分を違うなにかを発見します。友人ができて旅行に行くのもいいでしょう。家族との関係も変わってきます。お肌もきれいになり笑顔も増えてきますよ。

皮下脂肪より燃焼させやすい内臓脂肪

胃や腸などの内臓脂肪。内臓を覆っている腹膜に付いている脂肪なのですが、歳を重ねると共に増える傾向があるとされています。そのため、糖尿病や高血圧といった生活習慣病を引き起こす原因になっていると言われています。

 

この内臓脂肪の特徴は、皮下脂肪より燃焼させやすいこと。無理で不健康なダイエットに挑戦するより、バランスの取れた食事やトレーニングを続けることで、内臓脂肪が燃焼しやすい体を作る事ができます。バランスの取れた食事やトレーニングは体の基礎代謝を上げてくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。食事バランスは、自分の年齢や体型に合ったカロリーを摂ることで調節します。

 

トレーニングは、体の芯にあるコアマッスルを使って行います。そのトレーニングに有酸素運動を組み合わせ、体を鍛えながら脂肪燃焼効果をアップさせることも可能です。有酸素運動で体内に酸素を取り込み、血中脂肪や皮下脂肪をエネルギーに変えて、どんどん脂肪を燃焼させましょう。

 

食事の節制と健康茶で皮下脂肪・内臓脂肪の悩みは解消しました

 

皮下脂肪・内臓脂肪対策として「メタボ茶」というお茶を飲んでいます。私は66際の男性です。半年前までは身長165p・体重76sという誰が見ても肥満体型でした。一年ほど前に通販の「メタボ茶」というお茶を知りました。効果のほどは半信半疑でしたが「お試し品」というのがあるとのことで注文して飲んでみました。飲んでみると黒豆の成分のせいか香ばしくて美味しかったです。

 

成分は黒豆の他、ダイエットプーアール茶・杜仲茶・烏龍茶です。これなら続けられるかもと、お試し品が終わったあとは本商品を購入して本格的に飲み始めました。商品はティーバッグになっているので1袋をヤカンの水で煮出しています。粗熱を取って冷水ポットに入れて、いつでも飲めるように作りおきです。朝・昼・晩と機会に応じて日々たっぷり摂取しました。反応が見られたのは飲み始めて半年くらい経ってからです。

 

皮下脂肪・内臓脂肪は自分では見ることは出来ませんが、体重減少が現れたのです。76sあった体重は6s痩せで70sになりました。腹囲の数字もだいぶ減りました。一方、食事の方もあまり無理することなく、バランスを考えて食べました。食事のお供ももちろん「メタボ茶」です。継続すると成果が現れるものですね、食事の節制にプラスダイエット茶で私の皮下脂肪・内臓脂肪対策は達成出来ていると思います。